• ride21

宮城:お番所展望公園(牡鹿半島)

更新日:7月31日

宮城県石巻市の牡鹿半島の先端に位置する御番所公園。江戸時代に仙台藩が「唐船」の襲来に備えて見張り所を設置していたほど、眺めの良い公園で有名。


高い位置には「展望棟」があり、牡鹿半島の全景、金華山など、牡鹿半島随一の眺望が楽しめます。


絶景ワイディング!牡鹿コバルトライン!


牡鹿半島を一周できる絶景ワイディング!それがコバルトライン!東北方面の特徴でもあるリアス式の海岸線が入り組む岬に沿って走るワイディングはまさに絶景!また、南三陸方面から石巻へのルートには、同じく海岸線の風景が美しい「ブルーライン」もあり、石巻~南三陸方面のツーリングを楽しめる。 コバルトラインは近年、サイクリストにも人気のロードコース、写真のベンチのある「御番所公園展望公園」は、サイクリストに人気の漫画「泣き虫ペダル」の作者が描いた「ツールド東北のチケットデザイン」になり、この漫画のファンの一部のサイクリストさんには、聖地巡礼と言われ注目されている。


青い海と青い空の境目。

天気が良い日は、下記のような風景が広がる、御番所公園へアクセスする坂道では、海と空の境目がわからないような絶景が楽しめる。





御番所公園へのアクセスは。


御番所公園には、ジュースなどの自販機はありません。飲み物は、近くで購入してください。なお、ゴミ箱もありませんので缶やペットボトルなどのゴミは必ずお持ち帰りください。



#石巻 #御番所公園 #コバルトライン #牡鹿半島

21回の閲覧

最新記事

すべて表示