佐原 桶 松 

門外不出の秘伝のタレ

昭和十三年生まれの店主が、十五歳の頃から作り続けるこだわりのタレ。
代々の店主が認めた者だけに作り方を伝えてきた秘伝の味です。甘辛く濃いめの味付けで、大盛りのご飯もペロリと食べられる美味しさです。

IMG_2945.jpg

創業は大正元年

江戸時代より利根川水運の中継地として栄えた水郷佐原。「江戸優り」と呼ばれるほど繁栄し、遠方からもたくさんの人が訪れました。「佐原に来たら桶松の丼を食べないと帰れない」と言われ、地元民からは食べ応え抜群で愛されている「丼ぶり」大正元年より続く、伝統の味をぜひお召し上がりください。

IMG_2950.jpg

古き江戸の風情の街並み

佐原の町は江戸の古き面影を起こす街並みが今も守られています、水郷佐原と呼ばれるように水の都として栄えた街並みも必見。

212168630_2945326305794871_5689147543072507026_n.jpg